車の変速

車が変速できる理由を学びにたくさんの方が来場しました。

セミナー

車はエンジンの回転を動輪に伝えて走ります。エンジンの回転は高速ですが力が弱くそのままでは車の発進する力が弱く発進できません。そこでエンジンの回転数を下げて力(トルク)を強め車の速度に合わせて回転数を上げる必要があります。このためにギアを使うのです。

 

車は何段いかのギアを切り替えることで適性な力を状況に合わせて伝えるのが変速機でありその変速機によってスムーズに発進・加速するために生まれたメカニズムです。車が発進したり上り坂などでは低速で大きな力が発生できるように、車速が乗ったり下り坂では少ない回転数でより速く走れるようにするのが変速機です。

 

ギアを手動で選ぶのがMYマニュアルミッションで自動で行うのがATオートマチックトランスミッションです。またギアを使用しないCVTなどの無段変速機もあります。そして変速機のことをトランスミッションといい、クラッチ操作なしで自動的にギヤがかわるのがATオートマチックトランスミッションといい、数段の変速ギヤを持っておりエンジンの回転数や力(トルク)に応じて自動に行います。

 

ドライバーが走行速度に適したギヤを選択してして手動でチェンジするのがMTマニュアルトランスミッションです。クラッチを踏むとエンジンからの動力を切れるのでトランスミッション内のギヤの回転数を合わせることでギヤチェンジができるのです。

 

ただ、内燃機関や電気モーターなどの回転を変えることによってエネルギーのロスが生じることも確認されています。ハイブリッド車など今後の自動車の仕組みについてもまだまだ改善の余地が残されているようです。

 

車買い取りランキング